インドネシア スカルノ ハッタ国際空港 旅客サービス施設使用料を改定

おはようございます☆彡

ロンボク島の現地の不動産会社 PT ロンボク フジヤマ です。

インドネシア 国営空港運営のアンカサ プラ (AP) 2は スカルノ ハッタ国際空港の

旅客サービス 施設使用料(空港税)を 3月1日から 改定することを発表しました。

引き上げの幅は 最大で73%!

引き上げの幅が 最大になるのは 第三ターミナルの国内線で

現在の75,000ルピアから 130,000ルピアに改定されます!

また!第三ターミナルの 国際線は 現在の200,000ルピアから 230,000ルピアに

改定されます。

アンカサ プラ(AP) 2の広報担当者によると、NNAに対して

旅客サービス施設使用料(空港税)は 航空運賃に含まれていると説明し

3月1日以前に購入した 航空券でも 差額分を徴収されることはない

と説明しました。


ロンボク島の不動産で夢のリゾートライフを☆

ロンボク島不動産 PT ロンボク フジヤマ☆


バリ島の弁護士☆

バリ島 安心の弁護士 Esra Law Office


バリ島直送 粋なグッズ☆

バリ島直送雑貨 デステニー・グッズ・フロム・バリ



Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.