日本のロンボク島の新ターミナルの構築を提案☆彡

おはようございます。


ロンボク島の現地 不動産会社 PTロンボク フジヤマです☆彡


先日に引き続き!ロンボク島のニュースをお届けしたいと思います☆彡


日本はロンボク空港の新ターミナルの構築に2,7Trilliunルピア(約2億ドル)を準備中! との提案を!


昨年に日本が中国にインドネシアの高速鉄道プロジェクトを争ったのは、みなさんも記憶に新しいことだと思います。


その後!日本の投資家は、インドネシアへの投資に興味があることを示しています!


※日本の投資家は、インドネシア西ヌサトゥンガラ州ロンボク島空港の新ターミナルの建設に2億ドルを投じる興味があるとインドネシア投資調整庁(BKPM)長官のフランキーシバラニ氏が東京を訪問したときに発言した。


(羽田空港当局とPT ANGKASA PURA 1(インドネシア空港運営企業)が協力を模索して、三段階でロンボク空港の新ターミナルの建設を予定している)とのことです☆彡

(その投資家が予定している投資は、インドネシア投資調整庁の優先される投資分野に入っているインフラセクターだ!)

とフランキー・ジバラニ氏は述べた。

更に!フランキー・ジバラニ氏によると、インドネシアのインフラセクターのニーズに合わせて日本の投資家によるインフラ整備は増加することが見込まれているとのことです☆彡

(日本のインフラ分野の投資流入をサポートする!)

(日本はチャンネルと連絡窓口がたくさんありインドネシアにはJapan Deskとマーケティング部チームがある。)

(日本では、在日本インドネシア大使館(KBRI)または在日本インドネシア領事館(KJRI)とインドネシア投資調整庁(BKPM)日本事務所を通して行える。)

とフランキー・ジバラニ氏は言う。

(日本の投資流入は今まで輸送用機器産業及び自動車産業のほうが多いため、日本の投資家によるインフラ整備は戦略的な価値を持っている!!!)

(西ヌサトゥンガラの空港の新ターミナル建設計画は、インドネシア政府の、ジャワ島外の投資を促進する意向に場所的に合致する。)

(その新ターミナル建設により東部インドネシアの経済発展に積極的に貢献できることが期待される。特に観光業だ!!!)

とフランキー・ジバラニ氏は述べた。


日本のインドネシア ロンボク島へのインフラ整備への投資事業!

今後の展開がとても楽しみですね☆彡


ロンボク島のい不動産のことならば!当社にお任せ下さい!!!

ロンボク島の不動産屋 PT ロンボク フジヤマ


バリ島で弁護士を探すならこちらから~

バリ島 信頼の弁護士 エスラ法律事務所


バリ島の小粋なグッズ~♪

バリ島のおしゃれな雑貨 デステニー・グッズ・フロム・バリ

Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.